So-net無料ブログ作成
検索選択

集団的自衛権のメリットとは わかりやすく言えばアメリカ軍を支援して日米安保の強化をはかりたい [ニュース]

http://www.infotop.jp/click.php?aid=257203&iid=60457

集団的自衛権 

憲法9条改正

今までは、口にするのもはばかれる

こんな風潮でしたよね

下手に取り上げれば憲法改正にも触れなければならなくなる

むりむり、あっというまに政治家自身が首になる。まあ、平和が一番、
僕の年収2000万、アメリカいるし、だいじょうVぃぃぃ!

という感じでいままではま~とりあえずだいじょうVでしたね

そしてここまで豊かになった。 きっと平和憲法のおかげでしょう。

でも中国韓国のやりたい放題が、最近特にひどくなってきた

気がついたら竹島占拠されちゃってるし、中国には領海侵犯されまくってるし。

なんかも~ありとあらゆることにいちゃもんつけられまくられてるし


TVに向かって一回くらい喋ってしまったことがあるはずです。

日本は舐められてる。

日本は憲法9条で縛られてるから大した反撃もできない、軍事費もこちらが上

GDPもこちらが今は上

何をおそれることがある

金はそこそ持ってるが、老人だらけで昔のように
危険なヤマト魂とやらももう廃退しておろう
人口だって圧倒的差!

バンバンゴリ押しで 行けるとこまでイケばいい

どうせやつらは反撃してこないアルヨ 否、むしろ反撃できないんだから

そうだな、アメリカの動向だけ気にすればいいアルヨスムニダ~


むこうもこちらの法律をよ~く勉強した上での行動をとってきとります
まあ、韓国みたいな非常識はさすがの中国も思いつかないレベルですが

中国は現在ケツ持ち(暫定的)がロシア

韓国はケツ持ち(昔からですね、まあケツ持ちではなく隷・・・ですけど)が中国

よって中国をなんとかこれ以上すき放題させないように しにゃ~なりません

なぜロシアではないのかといいますと、お察しの通り、ロシアはすんげ~いま身内?問題で忙しいので
とりあえずのひとり孤立を避けるために、隣国中国くらいとは仲良くしとくか~路線というくらいの気持ちです。
連合して日本叩こうなんて余裕ないです。

日本がG8なのは知ってるけど、
『領土問題で話合ったばかりの所で限定的なものではあるが、制裁措置してきたのには
驚いた』 とプーチンさんが言うくらいまだ日本に悪感情はなく、関係は悪くもない。

日本としては、”もっとアメリカ路線に追従してほしい” と迫られ、しかたなく、ちょっとだけロシアに制裁する振り。
"本音はロシアともっと仲良くしたい"

で、その意は現在それなりにプーチンさんに伝わってはいる。
プーチン「日本はG7のなかで最も制裁が限定的だ」 と評価している」
てことで、現在ロシアはまだ大丈夫。

問題は中国

韓国は下手にムキになって相手しすぎると、それ自体を喜ぶところがあり、傷口を広げてしまう。
ただし、中国を黙らせれば、勝手にびびって
引き返していきます。

いまは勝手にやらせておきましょう(ただ、国民より安倍さん実は韓国にブチギレてます)。

韓国はぶっちゃけ今回の法改正に戦々恐々。


とにかく日本にとって一番マズイのが、必要以上にびびって
なんにもしない/出来ない姿を見せるのが良ろしくない。

ちょっと話が飛びますが、共産党は国内では本当のところ支持されてはおらず、穴だらけの政治機構。
ほっておけば韓国同様自然崩壊する!

という見方もできます。

では共産党は生き残るためにどうするかといいますと、韓国同様、日本叩き路線に傾向する。

彼らの場合、つまりは戦争をすること(韓国は本心はすげ~日本怖いんで戦争はしない、できない)

中国漁船でも1艘沈めてくれたら
中国国内は敵国日本叩くべし! 
で統一できますね(ちょっと極論かもしれませんが)
で、愛国心に訴えかける。

政権は戦争中はとりあえず
安泰、安泰と。

結局ババをひかされるのはとどのつまり、日本。


あんま舐めなさんなよ、という態度は示すべきですが
まともに戦争などに発展すれば、相手側の思うツボ。
共産政権を維持するための道具にされてはなりません。

今回の法改正は舐められすぎないようにするための策なのです。 戦争に今すぐ行けと強要されるものではありません


―国際的に国連憲章にも問題なし―

国連憲章は、安全保障理事会が平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間に限り、
個別的、集団的自衛権の行使を認めている。

要は世界が(国連ほか他国)それはダメダメ!(例えば領海侵犯に付随する嫌がらせ)
と決議出すまでの間、集団的自衛権の行使は認められているということです!

日本の憲法がいささか国連憲章、グローバルスタンダードに今まで合っていなかった―

安倍さん的にはこれでやっとスタートラインに立てたということです。

単に戦争いやだし、それやめて~じゃあ~グローバルスタンダードとは言えないですよね。

また、その憲法9条の縛りを中国さんは大儲けとばかりに突いてくるわけです。

すばらしい理想主義ですが、ちょっともう無理がきてますね。

その理想すてきですね、僕も賛同、なかよくしよね、そこの海の資源は君(日本)から買うよ

と隣国が納得してくれるならまあいいですけど。

しめしめと考える人 ぜったいいますよね(^_^;)


すみません、本題は集団的自衛権のメリットとはでしたね。
タイトルに書いたとおり
わかりやすく言えば、アメリカ軍を支援して、日米安保の強化をはかりたい
そして、アメリカを支援しつつ、隣国へ自分達の意志をわからせること

日本の船を守るアメリカに傷を負わせる以上、ただじゃあ おかないよ~( ̄ー ̄)ニヤリ

というのを抑止力として戦争勃発防止として間接的にも働かせたい ということです。

理想を言えば、戦わずに勝つ!

日本の精神に則ってますね。

中国側からしたら孫子の兵法ですかね。

確実に痛手を被るのがわかっていれば、やはりマトモな精神の持ち主ならば

喧嘩は控えるはずです。 

マトモであることを祈るばかりです

で、マトモじゃない相手もいるわけです。
ですからアメリカ警備保障さんに昔から警備してもらい

今回は
警備の方に鉄砲ひっさげて撃とうとしてきたら、
その際は、こちらも相応な対応はさせて 頂きますからね、という文言にかえるわけです。

自分で書いててもわかりやす~い

読んでいただきありがとうございました。

お疲れ様です、おやすみなさい^^

http://www.infotop.jp/click.php?aid=257203&iid=60457
↑  ↑
人生改正!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。