So-net無料ブログ作成

LINE福岡社屋 【LINE Fukuokaについて】 [ニュース]

http://www.infotop.jp/click.php?aid=257203&iid=60457

LINE福岡社屋
【LINE Fukuoka】

2020年の東京五輪開催決定で、
建設・不動産業界が活況となっています。

反面、建設需要の増加で人手不足による人件費の高騰

あと建材費も高騰中とのことです


こりゃあ、建設業界へ就職するなら今ですね

おっと、話が飛びました(^_^;)


無料通信アプリを展開するLINE(東京)

福岡に第二拠点を拡大。


なんと図書館と空中庭園付のバリアフリー設計。


建設予定地としては福岡が選ばれている。

が、その計画、費用の高騰で予定が長引きそうということです。

冒頭に書きましたが、内容としては人件費に材料費の高騰。

オリンピック需要の急増で供給とのアンバランスからこの問題出てますね。

社屋は本年の竣工予定だったが
来年まで長引くとの見方だ

数十億円の予定が百億単位になったらそれは考えますね・・・たけ~な~
どうしよっか(^_^;)


Lineを使う側としては拠点うんぬんなど、それほど気にならないのだが、
LINE Fukuoka取締役はよりアジアに近い場所をイメージして
福岡を第二拠点に選んだという。

【LINE Fukuokaについて】
「 LINE Fukuokaは、東京にあるLINE本社の子会社ですが、下請け先のような感じとは違います。
もう一つの拠点として、ゆくゆくは東京の拠点と同じ大きさにすべきだと思っています。
その意味で「第二の拠点」という言い方をしています 」 LINE Fukuoka取締役談


LINE自体が始まったのが2011年6月

世界で3億、国内で5千万ユーザーを達成(2014年3月のデータ)

6月の現在、世界利用者4億に迫っている。


僕もその利用者だ。

やっと扱えるように最近なってきたところです

自分、相当のメカオンチ機械オンチですが、そんな僕でもやり始めている


さらにユーザーは増えていくことだろう

そんななかでの拠点拡大も納得してしまいます

もうかってんな~


 Line電話登場には みな驚いたはずだ

国際電話バージョンでのLine電話事業もあるようですね、すごい

いまや当たり前の風潮だが、まだこの事業、3年ちょうどになったばかり

こんなすごいものを生み出した
日本はもはやグローバルスタンダードそのものですね

福岡にはやく竣工されることを期待してます^^


読んでいただきありがとうございます


http://www.infotop.jp/click.php?aid=257203&iid=60457
↑     ↑     ↑      ↑
LineかYoutubeですね



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。